取扱い品目

ヒト間質型コラゲナーゼ測定用キット
MMP-1キット

間質型コラゲナーゼ(MMP-1)は、I型、II型、III型コラーゲンのヘリックス部位を特異的に切断し、組織破壊や組織再構築に関与する重要な酵素と考えられています。MMP-1は不活性な前駆体(proMMP-1)として放出され、細胞外で活性化を受け、細胞外マトリックスを分解すると言われています。一方、Tissue inhibitors of metalloproteinases(TIMPs)と称される内因性インヒビターによりMMP-1活性は特異的に阻害されます。

キット形態:
■測定方法:2種類のモノクローナル抗体を用いたサンドイッチEIA法
■包装単位:96ウェル/キット
■感度:1.0ng/mL
■特異性:本キットは固相抗体および標識抗にモノクローナル抗体を用いており、MMP-1を特異的に認識します。proMMP-1に対する免疫反応性を100%とした時、活性型MMP-1に対しては約50%、MMP-1/TIMP-1複合体に対しては約10%の免疫反応性が認められ、MMP-1/TIMP-2複合体に対しては3%以下とほとんど検出されません。本キットは、標準としてproMMP-1を使用しており測定値はproMMP-1濃度として示されます。本キットは、MMP-8, MMP-13と交差反応しません。また、ラット、マウス、ウサギおよびモルモットMMP-1とも交差反応しません。
用途:
■ヒト血清、関節液、尿、細胞培養上清、組織ホモジネート等のMMP-1測定。
注意:抗凝固剤(ヘパリン, クエン酸Na, EDTA)の影響により血漿MMP-1量が変動しますので、血漿を使用しないで下さい。
■この製品は試験研究用です。ヒト、動物への医療、臨床診断用としては使用できません。また人体への投与は絶対にしないで下さい。
グラフ
主要文献:
■J. Zhang et al.: Clin. Chim. Acta, 219, 1-14, 1993.
■D.-H. Manicourt et al.: Arthritis Rheum., 37, 1774-1783, 1994.
■J. Martel-Pelletier et al.: Lab. Invest., 70, 807-815, 1994.

2003.07 改訂