先輩社員の声 先輩社員の声

製造部 DS係

■ 沖田 剛 2014年入社
頭と身体をフル稼働させながら
医薬品原薬の製造・分析を行う。
頭と身体をフル稼働させながら
医薬品原薬の製造・分析を行う。

 地元出身の私には「富山=製薬」というイメージが強かったので、就職活動ではもっぱら製薬業界の企業研究を行っていました。そのなかで、高専時代の先輩方も多く働いている当社について話を聞く機会があり、自分にぴったりだと興味を持ったのがきっかけです。独自の合成技術を持っている優位性や協和発酵キリングループの総合力に大きな将来性を感じ、入社を決意しました。

 製造オペレーターの仕事は医薬品原薬の製造と、それにまつわる分析です。工場で原料を仕込み、反応させ、生成された中間体が規格に適合しているかどうか分析を重ねます。私が製造を担当している原薬は、各工程で行うべき分析事項が数多くあるため、段取りよく分析作業を進めていかないと製造が滞ってしまいます。また、何らかのトラブルが発生した場合には、速やかに原因を突き止めて解決しなければいけません。

 学生時代は、実験室レベルの反応しか手がけたことはありませんでしたが、その何十倍ものスケールで合成を行っていると思うとワクワクしますね。全工程を頭に思い浮かべながら、経験を積み重ねて身体感覚で覚えていくことも重要だと思います。口で言うのは簡単ですが、実際にやり遂げるのは大変な仕事です。それだけに、大きなやりがいを感じています。

 安全面については常に意識を張り巡らせています。現場での製造オペレーションはもちろんのこと、分析室で少量の試薬を扱うときにもゴーグルなどの保護具の着用を徹底しています。これからも安全第一の環境で「かけがえのない医薬品原薬」を生み出す「かけがえのない企業」づくりに役立っていけたら嬉しいです。

← Prev         ↑ Index         → Next